このページの先頭へ

手彫り印鑑の作業工程書付きで「見える化」しましたので、安心してお買い求めできます。

手彫り印鑑の証拠【作業行程書付】で真実の完全手彫りが一目瞭然です!

あなたは未だ、ただのセールストークになってしまった
 「手彫り印鑑」 の記載表示を信じているのですか?

「綺麗事だけの文章、サイトデザインや派手なバナーに惑わされていませんか?」

手彫りの印鑑を解りやすく、はんこが出来るまでを「見える化」!

突然ですがあなたは下記のように思った事はございませんか?

 

1、それって本当に手彫りなの?
あなたはその人が実際に彫っているところを見ているわけではないですよね。

 

2、どんな文字になるの?
ハンコにするとどういった字形になるかイメージし難いですよね。

 

3、だれが彫るの?
その人が印鑑を手で彫れる技術があるのかどうか解りませんよね。

 

「完全手彫り印鑑や、ハンコを手で彫っています。」とHPに表示されていても、それが本当であるかどうかお解りになる方は正直言って印章業界の人でもそんなに多くはないと思います。そう言っている私が見ても手彫りの印鑑なのか解らないかもしれません。(笑)
特にネットで手彫りの実印や銀行印を購入する時は、
「これって本当に手彫りのハンコなの・・・・???」と疑問になるのは当然の事だと思います。

 

 

ご安心下さい! 私は下記の通り全て明確にできます。

 

 

1、写真と解説付きの完全手彫り作業工程書を添付いたします。

 

2、 捺印時のイメージ下書きと彫刻する前の文字が確認できます。

 

3、私、塩屋正晴が真心こめて彫らせていただきます。

 

 

先ず1についてですが、当店独自の【完全手彫り印鑑作業工程書】を承った印鑑に添付いたしています。
実は、手彫りのはんこと言っても大きく分けて3つの工程があります。
おおまかですが、下記の通りご説明させていただきますね。※は業界用語です

 

【第一工程・※字入れ(じいれ)】 

手彫り印鑑の字入れ作業

お客様にお選びいただいた印材の※印面(いんめん)に筆で文字を書く作業になります。この場合、当然ですがまともに書くと捺印した時には逆文字になるので、直接、印面に逆文字を書くわけです。 この工程がオンリーワンの実印にする出発点になり、また、捺印した時のような綺麗な文字を書かないといけませんので一番大切な作業でもあります。一見簡単そうに思えるかもしれませんが、手彫りの技術がないとできる作業ではございません。
ちなみに、街角やネットでも激安・激早の業者が存在するのは、ここから紹介する工程を全て省いたレーザーロボットなどのながれ作業(市販の大量生産されたハンコと同じ仕事)になります。 (※誰がやっても同じにできてしまう印鑑では、オーダーする意味がないですよね)

 

【第二工程・※荒彫り(あらぼり)】 

手彫り印鑑の荒彫り作業

ここから手彫り彫刻作業になります。印材に書いた文字の周りを※印刀(いんとう)で彫ります。あらぼりとは言いますが、印面に書いた文字をとにかく丁寧に、輪郭(ワク)も この工程で作ります。また、深さも一定に彫る重要な手順です。 象牙や黒水牛といった硬い素材については、印刀の刃先が折れてしまったり、彫りカスが目に入ったりする場合があるので注意が必要です。

 

【第三工程・※仕上げ(しあげ)】

手彫り印鑑の仕上げ作業

荒彫りで彫った文字の太さや線質に抑揚(強弱)をつける作業にまります。ちょっと想像していただきたいのですが、お札にハンコ(総裁之印)が捺してありますよね。 篆書体と言って中国で生まれた書体がこれです。もし、お手元にあればご覧になって下さい。縦横の線の太さなどバランスも含めて綺麗に収まっていると思いませんか?
輪郭線(ワク)も含め、捺印した時に生きた文字になるように仕上げます。

 

そこで私は上記3工程を解りやすく【完全手彫り印鑑作業工程書】にまとめ、作業手順を「見える化」いたしました。
手彫りについて難しい理論や能書き、さらには綺麗事を記載してあるHPは星の数ほどありますが、これは誰にでもできます。そう書けばいいだけですから(笑)
しかし、上記のような工程書を添付している印章店は検索していただければお解りになる通り、殆ど存在しないに等しいと思います。
「百聞は一見に如かず」と言いますが、この【完全手彫り印鑑作業工程書】をご覧になれば、正しく手彫りが一目瞭然です。

 

書体によって印鑑の表情は異なります(前田利家さんの場合)

篆書体と新篆書体の比較

次に、2の「ご自身の文字をハンコにすると、いったいどうなるのか・・・?」についてご説明いたしますね。
ご注文いただいた際に、お好みの書体をお選びいただいているのですが、これは私がお客様のおおまかなイメージを知るためのものです。
そこで。【手下書き】という作業でお客様のお名前をハンコにした場合のイメージ下書きを筆で書かせていただきます。
例えば、「篆書体をお選びにいただいた場合は、こんなふうになりますがいかがでしょうか?」 と いった具合に、私とお客様の出来上がりのイメージを合致させる手順をふみ、お客様からご承諾のお返事をいただいてから、上記の【完全手彫り印鑑作業】に進みますから 安心と納得してご注文できるかと思います。

 

最後になりましたが、3の「その人が印鑑を手で彫れる技術があるか?」と いう点でご説明させていただきます。
これについては、手前味噌になり恐縮ですが国家検定・1級印章彫刻技能士と日本印章協会認定・1等印刻師という 両称号を取得しています。
また、全国印章競技大会、全国技能グランプリ(※各県1級技能士の選抜大会・石川県代表)などで入賞をいただいていますから、 ご安心いただければ幸いです。

 

ここまでお読みいただきまして ありがとうございました。

 

技能グランプリでの印章彫刻の作業風景写真です。

1級技能士の方は別として 「手彫り印鑑」を謳って作務衣を着てそれらしいポーズをした写真は山ほど目にすると思いますが、実際の作業風景写真を掲載できるサイトは殆どありません。
上記は千葉県幕張メッセで開催された技能グランプリ(印章彫刻部門)の1場面です。 ハンコを鏡で見ているのがお解りでしょうか・・・?
これは彫刻前にきちんと文字が整っているか、間違っていないか、バランスは問題ないかなどを確認する重要な手順です。
下記に紹介するのは実際の競技会で実行する「字入れ」(じいれ)→「荒彫り」(あらぼり)→「仕上げ」(しあげ)をそれぞれ3段階に分けたものを写真に撮り、かつ、解りやすく解説した当店独自の「完全手彫り印鑑作業行程書」として真実の手彫りを証明する証拠として完成した印鑑にお付けいたします。
既にあなたも沢山のサイトをご覧になっていると思いますが表示記載の「手彫り印鑑」なら誰でもできるので慎重にご検討になられる事をお薦めいたします。

 

 

完全手彫り印艦を明確にできます。

当店の【完全手彫り印鑑作業行程書】がグッドスキルマークに認定されました!

 

厚生労働省認定のグッドスキルマークです。

「完全手彫り印鑑を販売しています。」 と 表示記載されたHPは沢山ありますが、残念ながらその殆どの印章店は 「これがその証拠です。」 の 「これ」 がありません。
誇張されたデザインや写真より一番大切な事は 「それが真実かどうか?」 だと私は思います。特に通販ではハンコの「売り方」だけを重視し本来一番大切にしなくてはいけない 「彫り方」 をそっちのけにした綺麗ごとのセールストークばかりのように思えます。大切な印鑑をご注文いただくお客様への 「想い」 というのは前述の通り 「その印鑑が真実か?」 ではないでしょうか。 お陰様で平成30年度に当店の 【完全手彫り印鑑作業行程書】 がグッドスキルマークの認定をいただきました。

 

現物はA4サイズにプリントアウト致します(※撮影順番は多少変ります)

完全手彫り印鑑の作業工程書付で一目瞭然!

 

字入れ→

荒彫り→

仕上げ(最終工程)

手彫り印鑑-字入れ

手彫り印鑑-荒彫り

手彫り印鑑-仕上げ

1、前田の文字を書きます

5、ワクをつくります

9、印材に墨打ちをします

手彫り印鑑-字入れ

手彫り印鑑-荒彫り

手彫り印鑑-仕上げ

2、次に利の字を書きます

6、赤い部分を彫ります

10、前田から仕上げます

手彫り印鑑-字入れ

手彫り印鑑-荒彫り

手彫り印鑑-仕上げ

3、バランスを整えます

7、赤い部分を彫ります

11、利の字を仕上げます

手彫り印鑑-字入れの完成

手彫り印鑑-荒彫りの完成

手彫り印鑑-仕上げの完成

4、※字入れ完成→

8、荒彫り完成→

12、仕上げ完成

※4は鏡で反転させた写真を確認できます!

 

手彫り印鑑の作業工程書

 

ハンコには色々な書体があります。下記のバナーをクリックしていただければ「書体についての」ページにジャンプしますので参考までにどうぞ。お好みの書体があれば幸いです。

印影のバナー

ご感想をいただきまして心からお礼申し上げます。

(2018年8月29日ご注文) 【 神奈川県 川崎市 M様  牛角・12ミリ丸銀行印】
塩屋様

 

今回が2度目のご依頼になりますが、また素晴らしい印鑑をお作り頂きありがとうございました。

 

前回は2016年8月20日に、2歳になる長女の銀行印としてお願い致しました。
(塩屋印房様を選んだ理由などは当時の感想に記載しています)
今回、2人目の娘が生まれましたので、同じ目的でご依頼させて頂きました。

 

注文後の流れについては、前回同様、丁寧に都度ご連絡を頂きましたので、全く不安もなく完成を楽しみに待つことができました。

 

そして届いた完成品は、心を込めて彫って頂いたことが伝わってくる、手作りの暖かさに満ちた印鑑でした。
2人の娘の名前には同じ漢字を1文字使用しているのですが、2本の印鑑を見比べてみると、その文字はやはり同じ形ではないのですが、印影全体の印象はどちらもこれ以上ないと思わせる完成度でした。

 

前回、今回共に全く不満はございません。

 

印鑑を作りたいという人がいたら、自信を持って塩屋印房をお薦めしたいと思います。

 

2人の娘が成長し、この印鑑を渡す日を思うと今から楽しみでなりません。
本当にありがとうございました。

手彫り印鑑をご注文いただいたお客様からのご感想

当店が自信を持ってお薦めする手彫り印鑑の一覧です。

私がこのサイトを立ち上げる際にこだわった事はただ一つです。その印材が彫刻刀で彫れるか、つまり、手で彫れる素材かという事です。当たり前の事に思われるかもしれませんが、ネット通販では石材を 「宝石印鑑」として手彫りと謳っている業者が多いです。(※殆どの石はサンドブラストという吹付のロボットを用います。手では彫れません)
下記に紹介するのは象牙、牛角(オランダ水牛)、黒水牛、柘です。どれも印材としての歴史のある良材ですので安心してご使用いただけます。

 

実印をお求めの方  お客さまの住民票がある市区町村の役所に印鑑登録した印鑑のことです。

象牙の実印

牛角の実印

黒水牛の実印

柘の実印

象牙の実印

牛角の実印

黒水牛の実印

柘の実印

55,000円から

36,000円から

27,000円から

22,000円から

 

銀行印をお求めの方  金融機関(銀行・郵便局)に届出する印鑑のことです。

象牙の銀行印

牛角の銀行印

黒水牛の銀行印

柘の銀行印

象牙の銀行印 牛角の銀行印 黒水牛の銀行印 柘の銀行印

28,000円から

23,000円から

16,000円から

13,000円から

 

認印をお求めの方  回覧印から契約書など日常頻繁に捺印する印鑑のことです。

象牙の認印

牛角の認印

黒水牛の認印

柘の認印

象牙の認印 牛角の認印 黒水牛の認印 柘の認印

28,000円から

23,000円から

16,000円から

13,000円から

 

2本セット印鑑  15、12ミリ丸の2本セットです。実印と銀行印としていかがですか?

象牙の2本セット

牛角の2本セット

黒水牛の2本セット

柘の2本セット

象牙の2本セット印鑑

牛角の2本セット印鑑

黒水牛の2本セット印鑑

柘の2本セット印鑑

92,000円

63,000円

45,000円

35,000円

 

3本セット印鑑  15、12、10.5ミリ丸の3本セットです。全部そろいますよ。

象牙の3本セット

牛角の3本セット

黒水牛の3本セット

柘の3本セット

象牙の3本セット印鑑

牛角の3本セット印鑑

黒水牛の3本セット印鑑

柘の3本セット印鑑

120,000円

86,000円

61,000円

45,000円

 

大きなサイズ  直径24ミリと21ミリをご用意しました! 大きいサイズのお求めの方は是非どうぞ。

直径24ミリ象牙

直径24ミリ牛角

直径24ミリ黒水牛

直径24ミリ柘

直径24ミリ象牙 直径24ミリ牛角 直径24ミリ黒水牛 直径24ミリ柘

220,000円

150,000円

120,000円

80,000円

直径21ミリ象牙

直径21ミリ牛角

直径21ミリ黒水牛

直径21ミリ柘

直径21ミリ象牙

直径21ミリ牛角

直径21ミリ黒水牛

直径21ミリ柘

180,000円

100,000円

88,000円

55,000円

 

牛角カラー印鑑  牛角にカラーをコーティングしてあります。女性に人気がありますよ。

イエロー

スカイブルー

プラム

ペールピンク

ルミネ・シュクレ,イエロー

ルミネ・シュクレ,スカイブルー

ルミネ・シュクレ,プラム

ルミネ・シュクレ,ペールピンク

28,000円

28,000円

28,000円

28,000円

ミント

ラベンダー

アイスブルー

アプリコット

ルミネ・シュクレ,ミント

ルミネ・シュクレ,ラベンダー

ルミネ・シュクレ,アイスブルー

ルミネ・シュクレ,アプリコット

28,000円

28,000円

28,000円

28,000円

 

風水印鑑  柘材に風水カラーをコーティング。運気が上がりますように〜!!

12ミリ丸

12ミリ丸

12ミリ丸

13.5ミリ丸

風水印鑑・ゴールデンイエロー

風水印鑑・ピンク

風水印鑑・ラベンダー

風水印鑑・ピンク

15,000円

15,000円

15,000円

18,000円

10.5ミリ丸

10.5ミリ丸

   

風水印鑑・ゴールデンイエロー

風水印鑑・ラベンダー

   

13,000円

13,000円

   

 

パールカラー印鑑  柘材にカラーコーティングしてあります。女性に人気がありますよ。

レッド

ピンク

アイボリー

グリーン

パールカラー・レッド

パールカラー・ピンク

パールカラー・アイボリー

パールカラー・グリーン

15,000円

15,000円

15,000円

15,000円

 

ブルー

オレンジ

シルバー

ゴールド

パールカラー・ブルー

パールカラー・オレンジ

パールカラー・シルバー

パールカラー・ゴールド

15,000円

15,000円

15,000円

15,000円

パープル

ブラウン

   

パールカラー・パープル

パールカラー・ブラウン

   

15,000円

15,000円

   

 

【はんこの彫り直しも承っています】

これが手彫り印鑑です

実印、銀行印、認印そして法人が使用する会社印を手で彫る場合、全て共通する工程がございます。
ここでは「前田利家さん」から印鑑登録する実印の注文をいただいたと仮定して解説いたします。

 

手彫り印鑑とロボット印鑑のちがい

技能士と無資格者の比較

特に実印は他の銀行印や認印に比べて生涯使用したい印鑑です。
ここでは同じ文字と書体でも1級技能士が彫った印鑑と、はやい・やすいの無資格者がただロボットで彫った印鑑を見比べて頂きます。

 

手彫り印鑑とロボット印鑑のちがい

作品の紹介

印章業界では完全手彫りをルールとした競技会があります。 印鑑を手で彫れる証でもあるページをどうぞご覧下さいませ

 

作品の紹介

手彫り印艦の全国大会に石川県代表として3回連続出場!

時間制限があり、1級技能士取得者で手彫り実力のある人だけの全国大会です。石川県代表ではありますが、福井、富山、新潟からの選手はいないので、北陸からは私だけの出場となりました。HPでは星の数ほど、手彫り印鑑を謳っている業者や、さむえを着て見せかけだけの方がありますが実際こういう場で彫れるのは極々わずかの人だけなのです。

手彫り印鑑の全国大会の作業風景

手彫り印鑑の全国大会の作業風景

手彫り印鑑の全国大会の作業風景

25回全国技能グランプリ

24回全国技能グランプリ

23回全国技能グランプリ

お支払い方法

支払方法による手数料について

返金について

商品代金の他に下記の通り別途かかります。     
【代金引換】 代金引換手数料と運賃料金
【銀行振込】 振り込み手数料と運賃料金
【クレジットカード】 運賃料金

ご注文頂きました商品の品質、お届け方法には万全を期しておりますが、万一【商品違い】【数量違い】などがございましたら、商品到着後7日以内に当店までご連絡下さい。直ちに交換させていただきます。
※当店のミスによるものは無料で交換いたします。

顧客情報

実店舗の案内

ご注文の際お客様から知り得たお名前・ご住所・電話番号等の個人情報につきましては、事務手続き以外には一切使用いたしませし、漏洩も一切ございません。 諸印章・ゴム印 塩屋印房 代表・塩屋 正晴
〒921-8147 石川県金沢市大額2丁目224-2
TEL 076-298-0047・FAX 076-298-0057

 

【代金引換】

 

★クロネコヤマトの配達員さんに 商品と引き換えにお支払いですから安心です
 (商品代金の他 下記の 代金引換手数料と運賃がかかります)
● 代金引換額に応じて1件あたり下記のサービス手数料を申し受けます

 

【代金引換手数料】

代金引換額

サービス手数料(税込み)

   1万円未満

  324円

   1万円以上〜3万円未満

  432円

   3万円以上〜10万円未満

  648円

   10万円以上〜30万円まで

  1,080円

★なお、運賃、銀行振込手数料、収入印紙代等は、サービス料金に含まれておりません

 

【運賃料金表】

地 域

発送先

料金(60サイズ)

北海道

  北海道

1,447円

北東北

  青森県  秋田県  岩手県

1,123円

南東北

  宮城県  山形県  福島県

1,015円

関東

  茨城県  栃木県  群馬県
  埼玉県  千葉県  神奈川県
  東京都  山梨県

907円

信越

  新潟県  長野県

907円

中部

  静岡県  愛知県  三重県
  岐阜県

907円

北陸

  富山県  石川県  福井県

907円

関西

  大阪府  京都府  滋賀県
  奈良県  和歌山県  兵庫県

907円

中国

  岡山県  広島県  山口県
  鳥取県  島根県

1,015円

四国

  香川県  徳島県  愛媛県
  高知県

1,015円

九州

  福岡県  佐賀県  長崎県
  熊本県  大分県  宮崎県
  鹿児島県

1,123円

沖縄

  沖縄県

1,447円

 

★例えば 東京のお客様が 28,000円 の印鑑をお買い求めになった場合下記の料金になります

商品代金 + 代金引換手数料 + 運賃料金 = 総合計金額
28,000円   432円        907円     29,339円

 

 

 

【銀行振り込み(前払い)】

 

納期については1ケ月以上かかる場合もありますので印鑑が完成した後、振込口座を記載した【発送予定日のご案内】をメールさせていただきます。
お客様から代金振り込み確認後に【発送のご案内】をさせていただきます。
※ 送料と振込み手数料はご負担願います。

 

★例えば 東京のお客様が 28,000円 の印鑑をお買い求めになった場合下記の料金になります

※金融機関によって異なります
商品代金 + 運賃料金 + 振込手数料 = 総合計金額
28,000円   907円     432円     29,339円

 

 

 

【クレジットカード払い】

 

納期については1ケ月以上かかる場合もありますが当店が責任をもって対応させていただきます。
もし、ご心配でしたら今一度他の支払方法をご検討下さいませ。

 

クレジットカード

 

★例えば 東京のお客様が 28,000円 の印鑑をお買い求めになった場合下記の料金になります

商品代金 + 運賃料金=総合計金額
28,000円   907円  28,907円

特別国際種事業者です。

当店は経済産業省に特別国際種事業者として登録してございますので安心して象牙印鑑をお求めできます。
また、象牙印材の彫り直しについても承っていますので、ご不明な点などございましたらお気軽にお問合せ下さいませ。

 

登録番号 T-4-17-00040
店名 塩屋印房
住所 石川県金沢市大額2丁目224番地2
代表者 塩屋正晴
特別特定器官等の種別 ぞう科の牙の加工品
登録の有効期間の満了日 2021年5月31日

 

特定国際種事業者です。


ホーム RSS購読 サイトマップ
印鑑彫刻者の紹介 はじめてのお客様へ お支払い方法 当店のご案内 お問合せ