印鑑の彫り直し|手彫り印鑑・塩屋印房

印鑑の彫り直し|手彫り印鑑・塩屋印房

思い入れのある大切な印鑑を1級印章彫刻技能士が完全手彫りで再生させていただきます。

大変申し訳ございませんが、完全手作業のため納期については1ヶ月程度いただいております。
※ 実店舗で承る場合の納期は上記の限りではございません。

 

見せかけだけの「手彫り・手仕上げ」のセールストークには要注意です!

 

無資格者や2級技能士はPCフォントをベースとしたものを「手彫りや手仕上げ」と謳っていますが、この殆どが機械彫りによる流れ作業です。
当店では「既存の彫刻文字を平らにしてから新しいお名前が完成するまでの全て」が完全手作業です。 そして、その証拠を承った印鑑にお付けしていますので安心です。

 

全国技能グランプリの大会風景

 

 

機械彫りと完全手彫りはここが違います!

先代から譲り受けたハンコにはその方の想いがこめられているはずです。
その大切な彫刻文字に敬意をこめて優しく丁寧にこすって真っ平にさせていただきます。
そして受け継がれた方の文字を気持ちをこめて彫らせていただき新しい印鑑が誕生します。

 

ここでは既存の彫刻文字を機械で削って彫るのと、手でこすって彫るのとでは完成した印影の鮮やかさが全く違う事がご覧いただけます。

 

@ 表面にご注目ください
機械で既存の文字を削った場合です

機械で削った彫刻面です

 

表面はザラザラした感じになります

手で既存の文字をこすった場合です

手でこすって平らにした彫刻面です

 

表面はツルツルした感じになります

 

 

A 彫り直した文字は共に塩屋正晴になります
機械で彫った場合です

機械で彫った彫刻面です

 

底が浅く彫りカスが目立ちます

手で彫った場合です

手で彫った彫刻面です

 

一定の深さに彫らせていただきます

 

 

B 捺す前に彫刻面の墨を拭き取ります
機械で彫った彫刻面です

機械で削った場合の彫刻面です

 

彫刻面がザラザラのため墨が染み込んでいます

手で彫った彫刻面です

手で彫った場合の彫刻面です

 

墨が綺麗に拭き取れました

 

 

C 彫刻面に朱肉を付けます
機械で彫った彫刻部分です

機械で彫った彫刻面です

 

底が浅いため朱肉が付着しています

手で彫った彫刻部分です

手で彫った場合の彫刻面です

 

朱肉は殆ど彫刻文字だけに付着しています

 

 

D 紙に捺してみました
機械で彫った印影です

機械で削った印影です

 

印影にムラがあります

 

通販サイトでありがちな無機質で稚拙なゴシック体です。 せっかく彫り直してもこれでは残念です。

手で彫った印影です

手で仕上げた場合の印影です

 

綺麗な印影になります

 

私は篆書体を基調に真心こめて流麗で生き生きとした感じに彫らせていただきます。

 

 

はんこ彫り直しの概算価格です

 

 

機械彫りと手彫りの見分け方

 

彫刻文字が同じ「令和 花子」さんであっても、目に映る印象が全然違う事を解説を交えてご覧いただきます。

 

ゴシック体VS当店の篆書体(てんしょたい)
ネットでありがちなゴシック体(機械彫り) 当店の篆書体(手彫り)
ありがちな丸ゴシック体の開運書体 当店独自の篆書体

2級技能士や無資格者による篆書体です。 ゴシック体が基調なので抑揚がなく線の太さが同じなのでノッペリとした感じになります。
また、「子」の文字については、頭の「角」が出ているのは「誤字」です。

線質に抑揚があるのがお解りいただけると思います。このように筆で書く事を意識した仕上げ方により躍動感のある生き生きとした文字になります。
また、余白と朱色のコントラストがさえ明るい雰囲気になります。

 

 

丸ゴシックの開運書体VS当店の新篆書体(しんてんしょたい)

 

ネットでありがちなボッテリとした開運書体(機械彫り) 当店の新篆書体(手彫り)
ありがちな開運印鑑の書体 当店独自新篆書体

2級技能士や無資格者による開運印鑑を謳った書体です。丸ゴシック体が基調なのでボテッとした感があります。
また、ワクに接する箇所(特に上下左右は作為的でベチャと接しているのは不自然ですね。)
PCフォントをそのまま構成しているだけの生命力のない印影になります。
これでは開運以前の問題ですね・・・

私が「新篆書体」で彫らせていただく場合は、「篆書体」をベースに考えますので、「線質」と「バランス」を重視します。
文字は筆で書くので印影についても線の強弱や余白との調和が大切です。
ワクに接する箇所も自然になっているのがお解りいただけますでしょうか?
柔らかく美しい生き生きとした印影が期待できます。
私と一緒にオンリーワンの印鑑をつくりましょう!

 

ハンコのワクを強度に仕上げる事ができます

 

無資格者や2級技能士は機械のみで彫るためハンコのワクは下記写真のように「薄く」なります。

それに対し1級技能士はワクの内側(彫刻文字がある方)と外側から特殊な仕上げ方で丈夫なワクにすることが出来ます。

前述のAとCの写真を見比べていただければ、その違いがお解りになると思います。

 

ハンコの側面です

ハンコのワクの説明です

↑はワクの内側と外側の仕上げ角度になります

 

 

真上から見るとワクの仕上げ方の違いが解りやすいですよ

機械彫りのワク

手彫りのワク

機械彫りの彫刻面を真上から見た写真です。 手彫りの彫刻面を真上から見た写真です。

ワクの外側が彫りっぱなしの状態です

ワクの外側がドテ形で強度です

ハンコの長さを短くなるのを最小限にできます

 

「彫り直しは本体の長さが短くなるから・・・」という心配にたいして、進捗状況を確認しながら少しづつ「こする」ので短くなるのを最小限にとどめる事ができます。

 

印鑑の長さの比較

 

「彫り直しをご心配のあなたへ」

「ハンコの彫り直しはあまり良くないのでは」と謳っているサイトも目にしますが、実はこれ既存の彫刻文字をどのような方法で平らにするかが問題だからです。

殆どの業者は機械で「削ったり・切ったり」する事が一般的ですが、これでは「縁起がよくないのでは・・・」とご心配になるのも無理はありません。

私が「手でこすって平らにする理由」は先代の彫刻文字に敬意をこめる意味もございます。

動画や写真できれい事を記載している業者が多いですが、実際の作業工程をあなたはご覧になっているわけではありませんよね・・・

あなたが先代から託された一生ご使用になる大切な印鑑は、私が完全手彫りで再生させていただきます。 もちろん、その証拠もお付けしています。

 

お好みの印影デザインをお選びできます

 

ハンコを捺印した際に、その印影がどういう風になるかは案外想像し辛いものですよね。

そこで当店では二案書かせていただきますので、書体やバランスによっての目に映る印象の違いが確認できます。

これによって、よりあなたのお好みのイメージに近い印鑑にさせていただきます。

※ 2案まで商品価格に含まれていますのでご安心くださいませ。

下記は完成した印鑑にお付けしています。

 

彫刻文字は同じでも書体を変えてご覧になりたい場合

篆書体と新篆書体の比較

 

フルネームで実印をお考えでしたら篆書体とそれをアレンジした新篆書で迷われる方が多いのが事実です。

そこで、2案ご覧いただく事によってスッキリしたお気持ちで、あなたのお好みの書体をお選びいただければ幸いです。

 

前田さんの楷書体と古印体

楷書体   古印体

 

例えば、認印としてお考えの場合は同じタテ形のバランスでもご覧いただくように楷書体と古印体とでは雰囲気が違いますよね・・・

そこで、2案ご覧いただく事であなたのナットクされる書体をお選びいただければと思います。

 

書体は同じでもバランスを変えてご覧になりたい場合

利家さんの新篆書体のヨコ形とタテ形

 新篆書体  新篆書体

 

彫刻文字と書体は決まっているけど、タテ形とヨコ形で迷われた事はないですか?

2案ご覧いいただければ、きっと あなたのイメージに近い印鑑が完成すると思います。

あなたも彫刻直前の文字が確認できます

 

1級印章彫刻技能士・1等印刻師 塩屋 正晴

 

彫刻前の文字を鏡で反転させて あなたにも確認していただきますので、よりイメージに近い印鑑が期待できます。

前田利家さんを当店独自の新篆書体で彫ってみました。

完成した印鑑を捺印するまで1分30秒程ですが、お時間があればどうぞご覧くださいませ。

 

例えば、前田利家さんを「新篆書体」で書くと下記の通りになります。

 

 

字入れ作業です

当店では この【字入れ作業】を、鏡で反転させ、メールで最終確認していただいています。

 

鏡で反転させた文字を確認できます。

彫刻面に文字を書くことが「手彫り印鑑の必須条件」になりますので、確認できるところで購入される事をお薦めいたします。

 

 

2つの印影イメージでお好みの書体をお選びいただけます

 

洋服を試着した時に「こっちも良いけど、これも良いな・・・」なんて迷われた事はございませんか?
ハンコの場合は書体によって雰囲気がガラッと変わります。 「中々、難しいものですよね・・・」
そこで当店では、あらかじめ二つの印影イメージを書かせていただきますので、あなたのお好みの書体をお選びできて安心ですよ。

 

あなたのお好みの書体をお選びいただけます。

 

実印としてお考えの場合は

 

一般的には篆書体(お札に印刷してあるハンコの書体)を用いる事が多いですが、先代の印影が新篆書体の雰囲気でしたらそれに合わせてもいいと思いますよ。
書体選びは迷うものですから当店では二つの印影イメージをご覧いただいています。 あなたのお好みの書体をお選びになってはいかがでしょうか。

 

実印の書体見本

 

銀行印や認印としてお考えの場合

 

銀行印としてでしたら、篆書体か新篆書体はいかがでしょうか? タテヨコのバランスもあなたのお好みで素敵な印影になると思いますよ。
認印としてお考えでしたら、判読しやすい古印体や隷書体のタテ形がお薦めです。 二つの印影イメージを比較対照できるので安心ですよ。

 

銀行印と認印の書体見本

本物だから出来る100%手彫りの証拠付きで安心です!

「ハンコの彫り直しはあまり良くないのでは・・・?」と、ご質問をいただく事があります。
これについて私は無資格者や2級技能士は速さを優先するため「既存の彫刻文字を機械で削り」さらに「新規の文字も機械で彫る」という点に疑問を持たれているものと思います。
私の場合はそれと全く異なり、「既存の彫刻文字を丁寧に手でこすって真っ平」にして「新しい文字を真心こめて完全手彫り」でお応えできます。
「手彫り印鑑」の記載表示はただのセールストークです。 「テキスト表示」や「口頭」だけなら誰でも簡単にできる事です。
事実、通販では完成したあなたの印鑑に下記のような工程写真を付けている業者は殆どないと思います。

 

こすって平らにして完全手彫りでお応えできます

 

 

先代の魂が受け継がれるのは、優しく手でこすって平らにするからです。

殆どの業者は既存の彫刻文字を事務的に機械で削り、さらに機械で彫り上げます。(事実、当店のように平らにする工程の写真は存在しないと思います)
私はあなたからお預かりした既存の彫刻文字を心を込めて平らにさせていただきます。

1級印章彫刻技能士・1等印刻師 塩屋正晴

 

こする事は先代への敬意です。

 

厚生労働省グッドスキルマーク認定店です

 

厚生労働省グッドスキルマーク認定証です。

 

一級技能士等が持つ熟練の技能を活かした製品等に、「グッドスキルマーク」の表示を認めることで、優れた技能によって製作された高付加価値の製品であることを国内外の消費者に向けてアピールし、ものづくり日本の再興と、熟練技能の継承を図ることを目的としています。(厚生労働省 グッドスキルマークの概要 引用)

1級技能士・1等印刻師の同年取得者は稀です

 

1級印章彫刻技能士の証です。

1級技能士取得者は全国で約1500名程度です。(2023年 当店調べ)

 

1等印刻師の証です。

1等印刻師の取得者は全国で僅か100名程度です。(2023年 当店調べ)

色々な印材を彫り直しさせていただきました

本体に亀裂が入った象牙です

 

今回、ヒビが入っている事をお互い承知で彫り直しさせていただく事になりました。

象牙の彫り直し

 

ハンコをこする工程の矢印です

 

先ず、粗い目のサンドペーパーで彫刻面を丁寧に平らにこすっていきます。

象牙の彫り直し

 

ハンコをこする工程の矢印です

 

彫刻面にもキレツが入っているかもしれない事はお伝えはしてあったのですが・・・

象牙の彫り直し

 

ハンコをこする工程の矢印です

 

平らになった事を確認しましたが、念のため朱を塗ります。

象牙の彫り直し

 

ハンコをこする工程の矢印です

 

綺麗に平らになりました。これで新しい彫刻文字が書ける準備ができました。

象牙の彫り直し

 

最初お問合せいただいた際に「ヒビが入った印材は薦めできません。もし、彫らせていただけたとしても永くご使用できる保証はできませんよ。」とお伝えはしたのですが、それをご承知いただき承る事になりました。

お客様としてはそれ程思入れのある印材だとお察ししました。写真の通り捺印時に左上に亀裂が入っていたのですが、今回は目立たないように右下にして新しい文字を彫らせていただきました。

かなり年季のはいった黒水牛です

 

先ずは粗い目のサンドペーパーでこすっていきます。

黒水牛の彫り直し

 

ハンコをこする工程の矢印です

 

彫刻文字が判読できなくなりましたね。

黒水牛の彫り直し

 

ハンコをこする工程の矢印です

 

もう一息です。 ひたすら平らになるように優しく丁寧に丁寧にこすっていきます。

黒水牛のの彫り直し

 

ハンコをこする工程の矢印です

 

表面に朱を塗ります。 こうする事により平らかどうか解りやすくなります。

黒水牛の彫り直し

 

ハンコをこする工程の矢印です

 

平らになりました。(表面の白っぽい部分は芯持ち材の特徴です)

黒水牛の彫り直し

 

大変年季の入った黒水牛印材でした。新規に承っても極端に差額が生じない事もお伝えしましたが数日後に彫り直しのご注文をいただきました。

この印鑑に対して特別なお気持ちがあるものと感じた次第です。

 

 

ウニコール(一角の牙)

お持ち込みいただいた印材です

 

粗目のサンドペーパーで丁寧にこすります。

ウニコール(一角の牙)の彫り直し

 

ハンコをこする工程の矢印です

 

平らになったか確認するため表面に朱を塗ります。

ウニコール(一角の牙)の彫り直し

 

ハンコをこする工程の矢印です

 

 

キメ細かなサンドペーパーで丁寧にこすります。

ウニコール(一角の牙)の彫り直し

 

ハンコをこする工程の矢印です

 

平らではありますが念のためもう一度表面に朱を塗ります。

ウニコール(一角の牙)の彫り直し

 

ハンコをこする工程の矢印です

 

綺麗なスジが入っているのがこの印材の特徴のようです。

ウニコール(一角の牙)の彫り直し

 

正直、お問合せいただいた際 「ウニコール? えっ?」 と 思いました。 聞いた事も見たこともなかった印材だったからです。諸先輩方や印材メーカーに問合せても「知らない、聞いたことがない」との事です。初めて彫らせていただきましたが想像していた通り象牙のように硬かったです。 

貴重な印材を彫らせていただきましてありがとうございました。

鯨の歯です

お持ち込みいただいた印材です

 

サンドペーパーで丁寧にこすります。

鯨の歯です

 

ハンコをこする工程の矢印です

 

何度も円を描くように丁寧にこすります。

鯨の歯です

 

ハンコをこする工程の矢印です

 

 

平らになったか確認するため表面に朱を塗ります。

鯨の歯です

 

ハンコをこする工程の矢印です

 

もう一息です

鯨の歯です

 

ハンコをこする工程の矢印です

 

彫刻面に「芯」が入っているようです。

鯨の歯です

 

こちらのお客様は実店舗にご来店いただきました。 彫らせていただいて感じた事は鯨の歯もウニコール同様に硬かったです。 彫刻刀の刃先の入り方が印材によって微妙に変わるという貴重な経験をさせていただきました。 正に自分の指先が彫刻方の刃先と一体になっているようでした。

彫り直しできる印材とできない印材について

彫り直しのできる印材

 

象牙

印鑑の材質としては最高のものとされています。見た目も美しいく、そのすばらしさから 「印材の王様」といわれ、硬度・弾力性・吸水性は他の印材より優れて、ひび割れや虫食いに強く精密な彫刻に向いています。また、朱肉の付も良く、捺印した時の鮮明度はピカイチです。

 

牛角

以前は「オランダ水牛」と呼ばれていましたが、オランダが原産国でもなく、水牛でもないため、近年、「牛角(うしつの)」に名称が統一されました。オーストラリアやウガンダ、ケニア、ナイジェリアなどの陸牛の角から採られる印材で、美しい飴色が特徴です。天然素材のため、同じ牛角でも印材によって色合いのコントラストが違います。より白色に近づくほど高価とされて、特に弾力性に優れ、印材としては黒水牛同様 芯の部分を使用します。

 

黒水牛

硬く粘りもあるため、印肉のつきのよさに優れます。また、光沢ある美しさからアクセサリーとしても愛用されています。天然素材のため、完全に真っ黒な素材が少なく、薬品で黒く染色した黒水牛が大多数を占めます。芯の通った中心の芯持(しんもち)、という部分は角の先端にあたる部分を使用し、印面側の芯の小さいものがもっとも良質です。

 

ウニコール(一角の牙)・鯨の牙

お客様の持ち込み印材で彫らせていただいた事はありますので対応できますが、両印材共、特有の「ミゾ」があるため、その部分に文字が重なると「文字の線が欠ける」場合があります。念のためお伝えまで。

 

 

彫り直しのできない印材

 

木、石材、プラスチック材はお受けしていない理由

● 柘やその他の木材は技術的には問題ありませんが、新しく購入された方が安価なためです。
● 石材はサンドブラストという吹付の機械を用いて彫る素材のため彫刻刀で彫る事ができません。 
● プラスチックも新しくお求めになった方が安価で購入できると思います。

 

はんこ彫り直しの概算価格です

ご注文後の流れになります

お問合せの際に金額等にご承知いただければ、下記の手順で一つづつ丁寧に作業させていただきます。
何かご不明な点などございましたらメールでもお電話でもお気軽にご連絡くださいませ。

 

印鑑の彫り直しのご注文後の流れです
印鑑の彫り直しのご注文後の流れです

彫り直しの概算お見積りです

お持ちの印鑑が「何の印材が解らない」「彫り直しできるの?」「キズがあるけど問題ないの?」「ハッキリした金額を知りたい」など気になる事はございませんか? そんな時はお問合せフォームから写真を添付していただければお答えさせていただきますよ。 
しつこい営業は一切していませんので、安心してくださいね。(^-^)

彫り直し概算お見積りの案内です

直径/5文字まで
象牙材
象牙の印材です
牛角材
牛角の印材です
黒水牛材
K水牛の印材です
10.5ミリ丸
35000円
30000円
25000円
12ミリ丸
40000円
35000円
30000円
13.5ミリ丸
45000円
40000円
35000円
15ミリ丸
50000円
45000円
38000円
16.5ミリ丸
55000円
50000円
41000円
18ミリ丸
60000円
55000円
48000円
※現物の写真を確認させていただいた際に金額が前後する場合がございます。
※「機械彫り」でも「手彫り」とテキスト表示することは誰でも簡単にできるのでご注意ください。

下記の点はあらかじめご了承願います


彫り直しされるハンコの注意点です。


ハンコの彫り直しの私の考え方です

ワシントン条約(種の保存法)が施行されてから20年程度経ちます。 当初から当店は経済産業省への届出業者そして2018年6月から特定国際種事業者になりました。
以前、HPでは、はんこの彫り直しをお断りしていた時期もありました。 その理由は種の保存法施行当初は象牙印材自体彫り直しを受けていいものかという疑問とお客様の大切な印材を一定期間お預かりする事になり、完成品とお預かりした時の本体の色、キズ、寸法などに食い違いが発生しないかという心配がありました。 実際、私の認識の異なる部分もございました。

 

しかし、実店舗で多く目にしてきたのは無資格者や2級技能士による事務的にロボットで彫り直しされた印鑑ばかりでした。 このご時世、安くて早くできるのはとても魅力的ですが、先代から受け継がれた大切な印鑑がハンコの自動販売機で出来てしまうものと同等なものでは残念です。 また、既存の彫刻部分を平らにせず彫刻したばかりに印影が鮮明でないものも沢山見てきました。

 

上記のようなことから完成品とお預かりした時の本体の色、キズ、寸法などに食い違いが発生しないかをご了承いただき私でよければ真心こめて彫らせていただきます。

お問合せ

お持ちの印鑑が「何の印材が解らない?」「彫り直しできるの?」「キズがあるけど問題ないの?」その他、色んな事で気になる事はございませんか?
そんな時は写真を添付していただければお答えさせていただきます。

 

メールでのお問合せ (はっきりとした金額をお伝えいたします)

お手数で申し訳ございませんが、下記のように「3つの写真の添付」「印材の直径と長さ(おおよそでけっこうです)」「新規の彫刻文字数」をお教えいただければ、
ハッキリとした金額をお伝えさせていただきます。
その他ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せ願います。 しつこい営業は一切いたしませんのでご安心くださいませ。(^-^) 

 


下記は通常のメールフォームが開きます

メールでのお問合せ

まれにメールが届かない場合がありますので、2日経っても、こちらからのお返事がない場合はお電話いただければ幸いです。<(_ _)>

 

全体の写真です

印材の写真です

彫刻部分の写真です

印材の写真です

印材を立てた写真です

印材の写真です

個人情報の観点からお問合せいただいた件については1週間程度経ってもお返事がなかった場合は完了したものと認識して削除させていただきます。

 

電話でのお問合せ

 

お急ぎの場合でしたら平日の9時〜18時(日・祝はごめんなさい)にお電話いただければ幸いです。
書体、納期、印材等の事やその他ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せくださいませ。

 

お電話でのお問合せです

お客様のご感想です

彫り直しや印材をお持ち込みいただいたお客様のご感想です。 本当にありがとうございました。

 


(2023年6月9日ご注文) 【 東京都 大田区 A様  象牙・18ミリ丸、15ミリ丸、12ミリ丸 持ち込み 】

塩屋 様

 

まずは実印、銀行印、認印いずれも仕上がりには満足しています。
ありがとうございました。

 

貴店をみつけたきっかけはインターネットでした。
どういった条件で検索したかは忘れてしまいましたが、たまたまサイトを閲覧し、貴店の新篆書体がとても流麗で気に入ったことがきっかけです。
通常の印鑑店であれば、オリジナリティを出すのは吉相体というものがほとんどで、やたらと文字を太くする傾向にあることに物足りなさを感じていた中で、貴店の細文字での篆書体=新篆書体にとても惹かれました。
3つとも素晴らしい出来映えですが、特に、横書きにした銀行印は独創性が高く気に入っています。

 

知り合いより印材をいただいたため、彫りのみのオーダーとなりましたが、とても丁寧に対応いただき、また、手下書きの再作成や無礼な注文にも対応いただき感謝しております。
また、実印、銀行印は芯持ち材ですが、印影に芯の部分が影響しないように調整いただき、認印は日輪(横芯)で彫りにくかったと思いますが、いずれもきれいな彫刻面で、彫りの技術の高さと、前段階の磨きの丁寧さを感じることができます。

 

大事に使っていきたい一生ものの印鑑と十分に感じることができます。
ありがとうございました。

 

 


(2023年6月1日ご注文) 【 愛知県名古屋市 T様  黒水牛・10ミリ丸の彫り直し】

塩屋 様

 

第一子の誕生を機に父親から自身が使用してきた印鑑を生まれた子供の実印として作り直せと言われ譲り受けました。
早速ネット検索してみたところ彫り直しのできる業者さんが多く出てきました。
そこで問い合わせをしてみたところ、譲り受けた印鑑のサイズが10ミリと小さかったため「対応できない」と回答が来る業者さんが立て続けに続き、半ば諦めていたところ対応可と回答があったのが塩屋印房さんでした。

 

正式にオーダーを掛けるまでに何度かやり取りを重ねる中で塩屋さんの丁寧な対応に安心し、信頼して印鑑の彫り直しを依頼することができました。
依頼後も彫り直しのイメージ図を送信して頂いたり、完成した印鑑を送り返して頂いた際も作業工程表を同封してくださり、どう彫り直しが行われたのか手順が解りやすく載っていました。

 

印鑑の出来も非常に良く、父親にも見せたところ大変満足していました。
塩屋さんの腕で作り直した印鑑を末永く大切に使用していきたいです。
この度は本当にありがとうございました。

 

〇〇〇  〇

 

 

 


(2023年4月7日ご注文) 【 富山県 富山市 T様  象牙16.5ミリ丸の彫り直し】

 

印章制作の依頼先を決める前に自身の印章の基本的かつ統一的な考え方を

 

@篆刻要素を強めにした読める字体
A柔軟な細い線でも重圧沈着な印象

 

と決めておりました。

 

これを16.5mmの中で具現化するにはどこへお願いすればよいのかと考えていたところ、家族から金沢に良さそうな印章屋さんがあると聞き検索してもらうと、
一等印刻師であることがわかり早々に問い合わせをしました。会話の中で当方の漠然とした要望を理解してくだり洞察力の高さを感じたため、この職人さんなら安心してお願いできると判断しました。

 

依頼後、職人さんのプライドも考えずに印面の下書き案を自身で作成し塩屋さんへ送った厄介な依頼者ですが、その案を職人の目で分析し大変丁寧なアドバイスを沢山くださりました。

 

途中からは自身が印章を制作しているかのような錯覚を覚えたことはよい経験となりました。このやりとりが塩屋印房の真骨頂だと感じました。

 

出来上がった作品は随所に塩屋さんの高度な技術を感じさせる温かみのある一本筋の通ったお気に入りの一品となりました。

 

 


(2023年2月13日ご注文) 【 大阪府 堺市西区 O様  象牙15ミリ丸の彫り直し】

 

娘の結婚が決まり改めて 実印が必要となり 亡父が愛用していた実印を改刻し娘に持たそうと思い ネットで色々と改刻で検索したのですが、どこも改刻するには 安く上がるからと言う理由で求める人が多いのか 安さを強調したサイトが多い中 塩屋印房さんのサイトを見つけました。

 

朴訥とした書き方のHPに共感を持ち かつ 私自身の生業で多くの職人さんと仕事をし その中でも 全国技能コンテストで好成績を修められる職人さんは技術はもとより人柄も素晴らしい方が多いので 今回の改刻を心を込めて彫られる塩屋さんにお願いしようと決めました。

 

打ち合わせから 約1ヶ月強 何度か書体の打ち合わせなどを重ね やっと念願の改刻された印鑑が届きました。 制作途中の画像も添えられていました。
生前の父は、非常に達筆で 字には筆勢と言う字の勢いがその人を表すと常日頃から申しておりました。
今回の改刻された印鑑は、正に その筆勢が印鑑に表現された印鑑で 印影の画像を書道の心得のある娘に送りますと非常に喜んでおりました。

 

印鑑と言うのは 長く使う物ですので 値段だけで決められるものではないと思います。
彫って頂く人の心も刻まれた印鑑をお探しならば 是非 塩屋さんにお願いされる事 お勧め致します。

 

 


(2023年1月14日ご注文) 【 福島県 福島市  K様  象牙16.5ミリ丸と13.5ミリ丸の彫り直し】

 

実印を作り直そうと思いたち、ならば亡き父の象牙で彫り直してはとなりました。 ところが実店舗でこれぞというはんこ屋さんが思い当たらないのです。
改刻の事も含めてネットで検索していると、印鑑の書体に対する好みも見えてきました。

 

遠くて直接会えなくても、印鑑に対する考えやたくさんの作品例を開示してくれるなかの、気持ちにしっくりくるところの方が近所の知らないはんこ屋さんより近くに感じました。

 

彫り直しを受けている、何より書体が好みである、対応に信頼安心が感じられる、で絞り込み、塩屋印房さんにお問い合わせをしたのです。
他の候補店よりお値段は張りそうでしたが、その書体が何より魅力でした。
のびやかさと落ち着きを兼ね備えた、手彫りならではの強弱のある豊かな表情の線に惹かれました。

 

どんな書体が好みか、どこに惹かれるか、レイアウトは?など相談に乗っていただきながら、案をいただいて選びました。それはとても豊かな時間でした。
一連のやり取りは、実店舗に一度伺って打ち合わせして、二度目か三度目に受け取るなんて事より、ずっとこまやかでした(細やかでかつ濃やかでした)。
最初のメール以外、ネット注文の不安なんて一度も感じませんでした。

 

結果、出来上がった印鑑は大変満足のいくものとなりました。
実印はのびやかで、優しく、穏やかで、すっきりと凛として、銀行印には落ち着きと風格があって堅実さを感じます。

 

塩屋様は、そのやり取りとその彫刻から、「誠実」で、「頑固」で、かつ「柔軟」な、私が優れた技能者(職人)に必要と思えるものを深く感じる方でした。

 

作製していただいた印鑑を思うと、日々誠実にのびやかな生き方をしたいと背筋が伸びる気持ちになります。
この度は大変ありがとうございました。

 

○○ ○○

 

 


(2020年2月27日ご注文) 【 青森県 十和田市 W様  黒水牛・15ミリ丸の彫り直し 】

塩屋印房 様

 

先日、商品が届きました。ありがとうございました。

 

早速ご開梱し、中身を確認しましたが、
申し分のない作品にしていただき感謝申し上げます。
大切に使用するよう、息子に言い聞かせたいと思います。

 

メールにあった質問ですが
御店を選んだ理由は
 @完全な手彫りである。(実印なので完全な手彫りがほしかった。)
 A作業工程を逐次記録し、お客様に知らせている。(安心である。)
 B新篆書体である。(せっかく作るのであれは、めずらしいものがほしい。)
 最後に
 C全国技能グランプリで入賞されていること。(出場し入賞する事は大変難しいこと。)

 

つまり
 技術・安心・貴重
という自らの観点からお願いすることに至りました。
予想以上の作品に仕上がり満足しております。
今後ますますのご繁栄をお祈り申し上げます。
○○

 

 


(2020年1月28日ご注文)【 宮城県 石巻市  T様 ウニコール(一角鯨の牙)・17ミリ丸 実印 持ち込み 】

塩屋正晴様

 

この度は大変お世話になりました。
持ち込みの印材に対し誠心誠意対応頂きありがとうございました。
当初はメールでのやり取りで不安もありましたが、電話を頂き安心できる店と感じました。
近くには、何軒かはんこ屋さんはありますがどの店も書体のサンプルを見て注文し完成時受け取る訳でですが満足できる物ではなく使わないはんこを作ってしまいました。又職業上、人様の実印印影を見る機会が多く良い印影には憧れもありました。ネットでは手彫り印鑑作成できる店は多数ありましたが、持ち込み印材でお願いできる店と感じメールさせて頂きました。
快く受けて頂きありがとうございました。あまり流通していない印材と言うこともあり大変気苦労をおかけしました。又機会がありましたらお願いしたいと思います。この度はありがとうございました。
〇〇 〇〇

 

 


(2019年9月10日ご注文) 【 静岡県 沼津市  M様  象牙12ミリ丸の彫り直し】

塩屋 様

 

発送案内ありがとうございました。9月29日午前中に無事印鑑が届き、中身を確認させていただきました。
自分でも試しにうってみたところ、幸いにして印象の中に欠けもなく、今後長く使えるなと思った次第です。
また、墨書の手紙までつけていただき、ありがとうございました。
また、ケースも無理を言っていただき大変ありがとうございました。
心のこもった印鑑ができ、感謝しております。

 

今回、塩屋印房さんに印鑑の彫り直しを依頼させていただいたのは、亡き祖母の象牙の印鑑をなんとか使うことができないのかと思ったことがきっかけでございました。
最初は地元の印鑑業者に彫り直しの依頼をしようと思って持ち込んだところ、祖母の印鑑はひびが入っており、そのひびのないところまで印鑑を切らねば彫り直しは不可能と言われました。そのひびは印鑑の半分くらいまで伸びているもので、その業者の言う通りにしてしまうと、もう普通の印鑑としては使用に耐え得ないため、もう彫り直しは無理かなと考えておりました。
ただ、諦めきれずインターネットで印鑑彫り直しについて調べていたところ、塩屋印房さんのホームページを見つけ、依頼のメールをしたところ、印鑑を切らなくとも彫り直しができるということであったので、彫り直しの依頼をさせていただきました。
依頼してからは、作業の節目に必ず確認の連絡をしてくださり、丁寧な対応をしていただけました。また、こちらの疑問点にも丁寧に答えてくださり、とても安心して作業をしていただけました。
何か機会があればまたお仕事をしていただきたいと思いました。

 

 


(2019年6月24日ご注文) 【 神奈川県川崎市麻生区  K様  象牙18ミリ丸の彫り直し】

 

今回、塩屋印房さんには印鑑の彫り直しをお願いしました。個人事業主として開業するにあたり、実印をあらためることにしたのですが、亡くなった実父の使用していた象牙の実印が手元にあったため、これを受け継ぎたいと思いました。

 

代替の無い物を預けることになりますので信頼できる技能をお持ちの方に製作をお願いしたいと考え、技能士の方が常駐していない受付だけの店舗よりは、たとえメールであっても直接のやり取りを通して相談できるほうが安心と思い、インターネットで複数の候補を検討しました。しかし、ホームページも立派で見積り歓迎という会社ではお返事を下さるのは営業担当の方だけ、手彫りをうたいながらも納品まで一週間からという信用できない速さだったり、データベース頼みの姓名判断や印相占いがセールスポイントといったものもあり、出来上がりまでを安心してお任せできる取引や本来の技能に信頼をおけるところがなかなか見つかりません。そのような中で、確かな技能で手彫りによる刻印にこだわって製作されている塩屋印房さんを見つけました。作業過程で何度かやり取りしながら確認させて頂けるという点でとても信頼できる工房だと思い、お願いすることにしました。

 

こちらの工房では一級技能士の塩屋様ご自身の手書きによる印影を作成する段階から確認させて頂くことができ、例えば、文字の線をもう少し太く、全体を柔らかい印象で、といった細かなお願いまで汲み取って頂くことができました。塩屋様のご自身の印鑑製作に対する真摯な姿勢や日頃の努力はホームページからもうかがうことができましたし、完成して届くまでの期間に何度も丁寧な確認メールを頂くことができ、大変安心してお任せすることができました。本当のオーダーメイド、唯一無二の印鑑を製作して頂くことができました。届いた印鑑を手にして押印した時の喜びとともに、この印鑑を大切にしてこれからの仕事に向き合っていこうと決意を新たにすることができました。本当に有難うございました。

 

最後に。中には故人の印鑑は供養すべきというご意見、彫り直しは受けていないという工房もあるようです。ですが、象牙は希少な生物資源です、人間の考えだけでそれをムダにしてしまっては象が可哀想です。故人の志を受け継ぎつつ、長く大事に使っていければ、象にも故人に対しても理にかなった供養になるのではないでしょうか。

 

 


(2019年6月8日ご注文) 【 岡山県岡山市  T様  象牙13.5ミリ丸の彫り直し】

塩屋印房様

 

返信が、遅くなりましてすみません。
私が見ても、素晴らし出来栄えになっており、ただ感謝の気持ちでいっぱいでしたが、娘からも『すごくカッコいい』『(以前の物より)正直めちゃくちゃ良くなったよ』と、返事が来ました。
これから、一生大切に使わせていただきます。
本当に、ありがとうございました。

 

 


(2016年12月15日ご注文) 【 山口県 下関市 S様 牛角・18ミリ丸 既存の彫刻文字の修正 】

 

ネットで手彫り印鑑を購入し使い用のない印鑑が届き悩んでいましたが、塩屋さんに修復をお願いして本当に良かったです!
財産や権利を守る大切な印鑑となるように修復してくれて本当に感謝しております。
ありがとうございました!!

 

 


(2016年10月13日ご注文) 【 大津市 W様 象牙・15ミリ丸、13.5ミリ丸  彫り直し 】

塩屋先生

 

先生有難うございました。先ほど届きました。

 

先生にお願いした理由
今回は叔父の手持ちの象牙でお願いすることが前提でありましたので、
@その品物を丁寧に扱ってくれるところ(なぜなら、叔父がその象牙には思いがいっぱい詰まっていることを常に言っていたから)
A手掘りであること(可視化=フォトで報告してくれること)
BNETでの御出会いですので安心してお願いできるところ
C料金が明確であること
Dこちらの他愛もない質問にも敏速かつ丁寧に誠意を持って受け応えて頂いたところ
以上の事由から丁寧な仕事がしてもらえそうでしたので御依頼致しました理由。

 

先生にご依頼して私の今回の案件(依頼)に対しての決断には間違いなかったと喜んでおります。
これで叔父にはハナタカで任務遂行の報告できます。
                            感謝 〇 〇  〇

 

 


お客様のご感想です。