手彫り印鑑の作業工程書付きで「見える化」しましたので、安心してお買い求めできます。

手彫り印鑑とロボット印鑑のちがい|手彫り印鑑・塩屋印房

手彫り印鑑とロボット印鑑のちがい

下記は全て同じ書体(篆書体)・同じ材質(柘)です。 上段は 捺し形、下段は彫った部分(印面)です。 但し、 一つは私が手で彫った印鑑で他は、時間制限をうたっている無資格者店から購入したものです。 あなたは 私が彫った印鑑が お解かり頂けますか?(答えと解説は下記をどうぞ)

 

1

2

3

印影

印影

印影

印面

印面

印面

 

では、1番から御説明させていただきます。 先ず、ワクと文字の太さが同じにはみえないでしょうか? 文字に余白があり過ぎるため なんとなく「シマリ」がないですね。 「塩」の旁のタテ線と「皿」の横線が無くなって見えませんか? 印面について言えば なんとなく文字の周りにカスが目立ちます

 

次に3番ですが、ワクをよくご覧下さい。 左右の太さが異なっています。文字についても「角ゴシック体」みたいにカドが硬くなって見えませんか?「塩」の皿が大きく過ぎますね 印面は底が浅いとは思いませんか?

 

答えは2番です (自分の姓なので 難しかったです)

ご存知ですか?競技会の作品はワクも手彫りです

 

手彫り競技会は下記のコマを使用しています。 (つまりワク作りもコンパスで丸を描き手彫りなのです) 平成18年度全国印章技術大競技会実印の部・銅賞受賞 (印文)坂口安吾

 

手彫り作品の印影

競技会-駒

競技会-駒

トップへ戻る