このページの先頭へ

手彫り印鑑の作業工程書付きで「見える化」しましたので、安心してお買い求めできます。

はんこができるまで

はんこができるまで

はんこが出来るまでには、いくつもの手順がございます。 ここでは、それをひとつひとつ解説しながら、印鑑ができるまでをご覧頂きます。 
それでは「前田利家さん」から篆書体(テンショタイ)で実印を承ったと考えて彫ってみますね。

 

 

1、印面調整(いんめんちょうせい)

印面調整で彫刻面を平らにします。

店頭に陳列してある印材は平に見えてもその殆どの彫刻面は歪んでいますので先ずサンドペーパーで擦って平らにします。
円を描くように優しく丁寧に水平均等を心がけ真に平らになるまで繰り返し擦ります。
これをせずに彫刻してしまうと綺麗に捺印できない印鑑になってしまいます。建物に例えるなら基礎工事に相当する大変重要な作業です。

 

 

 

2、朱打ち

彫刻面に朱墨を塗ります。

今度は平らに整えた彫刻面に文字を書くため朱墨を打ちます。ちなみにこのサイトで取り扱っている象牙、牛角、黒水牛、柘 すべてにこの朱墨をまんべんなく均等に塗ります。
理由はこの後にご説明しますが彫刻文字をバランスよく書くための準備だと思って下さいね。

 

 

 

 

 

3.字割り

文字のバランスを整えながら書く準備をします。

彫刻文字数を綺麗に収めるために道具(字割具)を用いて軽く線をひきます。
「前田利家」さんの場合は4文字ですので左右共に2つの四角いワクを作りさらにその中にタテ・ヨコの中心線をひきます。
※ 線の跡は工程8で消えますので安心して下さいね。

 

 

 

 

4.字入れ

バランスを整えながら逆文字を書いていきます。

気持ちをこめて筆で彫刻文字を書いていきます。当然ですが逆文字で書く事になりますのでヘンとツクリ、文字数や画数によって文字のバランスに注意を要します。
もちろんどの手順であってもそうですが、私はこの字入れ作業は一番集中している時です。
※ 文字の線もうすく書いてあるのがお解りですか? 筆で書く前に見当をつける意味です。

 

 

 

5.鏡で確認

バランスよく文字が収まっているかを鏡で確認します。

印材に書いた文字が正体している事、文字の大小やバランスも併せて確認します。綺麗におさまるまで何度も繰り返します。
納期がある場合に限っていえば私は一旦作業を止めて翌日以降に修正する事もあります。
その理由は時間をあけて再度確認することで新たな修正点を発見できるからです。

 

 

 

 

6.荒彫り

彫刻刀で文字の周りを彫っていきます。

彫刻刀で深さを一定に保ちながら文字の周りを丁寧に彫っていきます。 ワクを作りながら彫っているのがお解かりですか? ちなみに彫刻している時の音は印材によって異なります。
柘はサクサク、黒水牛や牛角はカタカタ、象牙はキュンキュンとかん高い音がでます。特に象牙は硬いので彫刻刀の刃先が折れる時もあるんですよ。

 

 

 

7.荒彫り終了

文字の周りを彫れば荒彫りが終了です。

ワクになる箇所を残し文字の周り、つまり朱墨の部分を彫り終えました。 ここまでするのにけっこう時間がかかるのがご想像できると思いますがいかがでしょうか?
丁寧に筆で文字を書き、それをさらに慎重かつ丁寧に彫刻刀で彫っていく作業がここまでになります。
ちょっと一息いれましょう。

 

 

 

8.表面の墨をとります

彫刻面の墨をとってさらに彫刻面を整えます。

ここでは仕上げ砥石で紹介しますが使い古しのサンドペーパーでもかまいません。彫刻面の墨を取り除きながらさらに表面を滑らかにします。これで彫刻面はツヤツヤになりますよ。
※ 上記3、4で紹介した字割作業の線も消えてしまいます。

 

 

 

 

 

9.表面の確認

彫刻面が綺麗になっているか確認します。

彫刻面(専門用語で印面といいます)の墨が綺麗にとれた事を確認します。また、スタンドのライトをかざしながら今一度、表面にキズなどがないか念入りに確認します。
もし、小さなキズなどあった場合はもう一度上記8の工程を実行し再度確認します。

 

 

 

 

 

10.墨打ち

彫刻面に墨を打ちます。

ここでは一定の墨の濃さで彫刻面にまんべんなく均一に墨がのるように注意しながら打っていきます。こうする事によって文字がハッキリ現れますので次の工程の準備も含み、筆で書いたように仕上げていくイメージを創ります。
※ ちなみに印材が黒水牛や牛角の場合は朱墨を打ちますよ。

 

 

 

 

 

11.仕上げ

画数の多い文字から仕上げていきます。

「前」の文字から仕上てもいいのですが、この場合画数の多い「家」の文字から仕上げていきます。その理由は画数が多い文字に太さを合わせた方が完成後綺麗に捺印できるからです。無心に一刀・一刀慎重に仕上げていきます。
※横浜での修行時代には先生から「文字に魂をこめて仕上げなさい」と教わったものです。

 

 

 

 

 

12.仕上げ

仕上げを続けます。

「利家」の行に続けて「前田」の行を仕上げていきます。工程4の字入れ作業同様集中しています。何も考えずただひたすら無心で仕上げていきます。
私は「真心こめて」や「気持ちをこめて」とは今とりかかっているその仕事にどれだけ全力で集中しているかだと思っています。

 

 

 

 

 

13.仕上げ完了です

仕上げ作業の完成です。

完成しました! 「10」の段階と見比べると分かりやすいですよ。ワクと文字が綺麗に仕上げっているのがお解りでしょうか?
上記1からここに至るまでそれ相当な時間がかかりました。目も疲れますし肩もこりました。(笑)

 

ネットでは 「手彫り印鑑翌日発送!」 と激早・激安を謳っている業者がありますが、その場合大勢の職人が必要になります。人件費がかかるのになぜそんな値段で出来きるのと不思議に思いませんか?「手彫り印鑑」の記載表示だけなら誰でもできます。

 

 

 

14.捺印

捺印してみます。

さあ 捺してみましょう。ハンコを綺麗に捺すのは案外難しいものです。私は専用の下敷きを用いますが紙を数枚重ねて捺しても大丈夫です。
上下左右均等に「ギュ〜〜」 とゆっくり円を描くように圧力をかけるのがコツですよ。

 

ゴム製マットも悪くないですが、あまり柔らかなものですと彫刻面が沈みすぎるため硬めの方をお薦めいたします。
また、朱肉のコンデションにも大きく影響されますので特に安価なものはお薦めしません。

 

15.印影です

前田利家さんのはんこの印影です。

加賀百万石「前田利家公の実印?」だったらスゴイですね!(笑)
ちなみに篆書体はお札に印刷してあるハンコ(総裁之印)と同じ書体になります。篆書体と新篆書体とで迷われるお客様も多いですが、好みの問題になりますのであまり深く考えなくても良いと思いますよ。

 

参考までに

前田利家さんを新篆書体で彫った場合の捺印見本です。

私が新篆書体を彫らせていただく場合は篆書体の基本形を重視して曲線の多様化を用いアレンジします。予めお伝えさせていただきますが「姓名鑑定」などには一切ふれない書体です。
「前田利家」さんの新篆書体です。参考までにどうぞ。

 

※どうしても篆書体と新篆書体が迷われる場合は別途かかりますが、2案書かかせていただきますのでお気軽にお問合せ下さいませ。

 

 

上記に説明させていただいた事が【完全手彫り作業】です。残念ながら石川県内でこれができる方は、5人程しか知りません。 またその方々は全て、国家検定の手彫りの実技をクリアーしている1級技能士取得者です。 あなたは無資格者がロボットで作るコピー印鑑を購入しますか?「早い!安い!」の大体がこれです。プロが彫る唯一・無二(あなただけの文字)の印鑑が安心できると思いませんか?

 

最後までご覧いただきまして ありがとうございました。

関連ページ

手彫り実印
象牙の直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
象牙の実印 (直径15ミリ)
直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
象牙の実印 (直径16.5ミリ)
直径16.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
象牙の実印 (直径18ミリ)
直径18ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
象牙の実印 (直径21ミリ)
直径21ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
象牙の実印 (直径24ミリ)
直径24ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の実印 (直径13.5ミリ)
直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の実印 (直径15ミリ)
直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の実印 (直径16.5ミリ)
直径16.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の実印 (直径18ミリ)
直径18ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の実印 (直径21ミリ)
直径21ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の実印 (直径24ミリ)
直径24ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の実印 (直径13.5ミリ)
直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の実印 (直径15ミリ)
直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の実印 (直径16.5ミリ)
直径16.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の実印 (直径18ミリ)
直径18ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の実印 (直径21ミリ)
直径21ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の実印 (直径24ミリ)
直径24ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の実印 (直径13.5ミリ)
直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の実印 (直径15ミリ)
直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の実印 (直径16.5ミリ)
直径16.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の実印 (直径18ミリ)
直径18ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の実印 (直径21ミリ)
直径21ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の実印 (直径24ミリ)
直径24ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
手彫り銀行印
直径10.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
象牙の銀行印 (直径12ミリ)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
象牙の銀行印 (直径13.5ミリ)
直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
象牙の銀行印 (直径15ミリ)
直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の銀行印 (直径10.5ミリ)
直径10.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の銀行印 (直径12ミリ)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の銀行印 (直径13.5ミリ)
直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の銀行印 (直径15ミリ)
直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の銀行印 (直径10.5ミリ)
直径10.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の銀行印 (直径12ミリ)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の銀行印 (直径13.5ミリ)
直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の銀行印 (直径15ミリ)
直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の銀行印 (直径10.5ミリ)
直径10.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の銀行印 (直径12ミリ)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の銀行印 (直径13.5ミリ)
直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の銀行印 (直径15ミリ)
直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
手彫り認印
直径10.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
象牙の認印 (直径12ミリ)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
象牙の認印 (直径13.5ミリ)
直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
象牙の認印 (直径15ミリ)
直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の認印(直径10.5ミリ)
直径10.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の認印(直径12ミリ)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の認印(直径13.5ミリ)
直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の認印 (直径15ミリ)
直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の認印 (直径10.5ミリ)
直径10.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の認印 (直径12ミリ)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の認印 (直径13.5ミリ)
直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の認印 (直径15ミリ)
直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の認印(直径10.5ミリ)
直径10.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の認印 (直径12ミリ)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の認印 (直径13.5ミリ)
直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の認印 (直径15ミリ)
直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
セット手彫り印鑑
象牙手彫り2本セット印鑑です。
牛角の2本セット印鑑
牛角手彫り2本セット印鑑です。
黒水牛の2本セット印鑑
黒水牛手彫り2本セット印鑑です。
柘の2本セット印鑑
柘手彫り2本セット印鑑です。
象牙の3本セット印鑑
象牙手彫り3本セット印鑑です。
牛角の3本セット印鑑
牛角手彫り3本セット印鑑です。
黒水牛の3本セット印鑑
黒水牛手彫り3本セット印鑑です。
柘の3本セット印鑑
柘手彫り3本セット印鑑です。
カラー手彫り印鑑
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
ルミネ・シュクレ(スカイブルー)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
ルミネ・シュクレ(プラム)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
ルミネ・シュクレ(ペールピンク)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
ルミネ・シュクレ(ミント)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
ルミネ・シュクレ(ラベンダー)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
ルミネ・シュクレ(アイスブルー)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
ルミネ・シュクレ(アプリコット)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
風水手印鑑(直径10.5ミリ・イエロー)
直径10.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
風水印鑑(直径10.5ミリ・ラベンダー)
直径10.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
風水印鑑(直径12ミリ・イエロー)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
風水印鑑(直径12ミリ・ピンク)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
風水印鑑(直径12ミリ・ラベンダー)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
風水印鑑(直径13.5ミリ・ピンク)
直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
パールカラー印鑑(レッド)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
パールカラー印鑑(ピンク)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
パールカラー印鑑(アイボリー)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
パールカラー印鑑(グリーン)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
パールカラー印鑑(ブルー)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
パールカラー印鑑(オレンジ)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
パールカラー印鑑(シルバー)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
パールカラー印鑑(ゴールド)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
パールカラー印鑑(パープル)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
パールカラー印鑑(ブラウン)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
印鑑の書体見本
ハンコの用途によって書体を変える事をお薦めいたします。
安心してお買い求めできます
はじめて当店のHPをご覧になる方へのご案内です。
はんこのお手入れと掃除
ハンコの掃除や普段のお手入れについてのご案内です。
良いはんこ購入のコツ
ご納得いただいて印鑑をご購入できるご案内です。
お支払い方法
決済方法についてのご案内です。
特定商品取引表示
ご購入前に今一度、ご確認お願いいたします。
個人情報の取り扱い
お客様からお預かりする情報についてのご案内です。
印鑑彫刻者
石川県金沢市のはんこ彫刻1級技能士があなたの大切な実印、銀行印、認印を完全手彫り印鑑として真心こめて彫らせていただきます。
当店のご案内
実店舗の所在地や連絡先をご案内させていただきます。
完全手彫り作業工程書
当店独自の完全手彫り印鑑作業工程書のご説明です。
お客様のご感想です。 
お客様かいただいた貴重なご意見やご感想です。
第25回 全国技能グランプリ(平成21年)
手彫り印鑑の全国大会の紹介です。
第24回 全国技能グランプリ(平成19年)
手彫り印鑑の全国大会の紹介です。
第23回 全国技能グランプリ(平成17年)
手彫り印鑑の全国大会の紹介です。
手彫り印鑑とロボット印鑑のちがい
プロと無資格者のハンコの違いです。
手彫り印鑑の作品
手彫り印鑑の競技会での作品です。
高級象牙印鑑(直径15ミリ・キャップ付)
サヤ付高級象牙印鑑直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
実印(個人用)について
実印の用途についてのご案内です。
銀行印(個人用)について
銀行印の用途についてのご案内です。
認印(個人用)について
認印の用途についてのご案内です。
印鑑の彫り直し
手彫り印鑑が本物である事を作業工程書付で証明できますのでどうぞご安心ください。
よくある質問
よくいただくご質問のご案内です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 印鑑彫刻者の紹介 当店のご案内 はじめてのお客様へ お問合せ