このページの先頭へ

手彫り印鑑の作業工程書付きで「見える化」しましたので、安心してお買い求めできます。

印鑑の書体見本

印鑑の書体見本

ハンコはそれをどういった用途、つまり実印としてなのか、または銀行印か認印として使用されるのかによって書体も使い分ける事をお薦めいたします。
ここではその書体見本と簡単ではありますが説明も併せてご参考になさって下さいね。

 

 

実印むき
(ご自身の住民票がある地区町村役場に印鑑登録したハンコです。)

 

篆書体(てんしょたい)

篆書体の捺印見本です。

中国でうまれた書体で身近ではお札に印刷してあります。一般的に実印に一番多く用いられる書体だと思います。ご覧のようにあえて第三者には読みにくくするのが実印なので安心して下さい。

 

 

新篆書体 (しんてんしょたい)

新篆書体の捺印見本です。

篆書体をアレンジ(複雑化) してより読みづらくしました。特に鑑定はしませんがバランスよく枠に接しますので見た目には綺麗に映る と思います。
ちなみに店によっては「印相体や吉相印」とされていますが当店では鑑定はしませんので「新篆書」と表示しています。

 

篆書体(てんしょたい)【中ワク・細字】

篆書(中ワク・細字)の捺印見本です。

ワクを太く・文字が細いスタイル です。逆にいうと文字が細いから ワクが太くなります。1と見比べてお分かりになるように文字の接点が枠の内側になるので、文字がやや小ぶりに映りますがスッキリした感があります。

 

 

 

 

銀行印むき
(金融機関に届出したハンコです。)

 

篆書体 (てんしょたい)

篆書(ヨコ形)の捺印見本です。

中国で生まれた書体で一般的 に銀行印・実印に用いられます。文字にもよりますがヨコに配字した方が「カッコが良い」と思います。ちなみに印鑑をヨコに納め捺印した場合「右から左」になります。

 

 

新篆書体 (しんてんしょたい)

新篆書(タテ形)の捺印見本です。

篆書体をアレンジ(複雑化)しました。タテ・ヨコどちらでも良いと思いますが篆書体と変化を出す意味でタテにしてみました。ちなみに店によっては「印相体や吉相印」とされていますが当店では鑑定はしませんので「新篆書」と表示しています。

 

 

 

 

認印むき
(契約書や日常業務で使用するハンコです。)

 

楷書体 (かいしょたい)

楷書体の捺印見本です。

一般的に一番多く目にする書体で簡易的な認印によく用 いられます。

 

 

 

行書体 (ぎょうしょたい)

行書体の捺印見本です。

楷書を少し柔らかくした書体です。市販の印鑑などに多く用いられている書体です。

 

 

 

隷書体 (れいしょたい)

隷書体の捺印見本です。

横線の終筆のハライに特徴があり楷書・行書とは反対にタテ線よりヨコ線が太く安定感があるのが特徴です。

 

 

古印体 (こいんたい)

古印体の捺印見本です。

線の太さに強弱と線の交差する箇所に「スミダマリ」があるのが特徴です。上記3書体と異なるのは枠に線が「接している」ので目に大きく映ると思います。

 

 

上記は私の個人的な考えも含まれていますので、書体については好みの部分になると思います。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

姓が漢字3文字の場合

「私(塩屋)だったらこんな感じでバランスをとらせていただきます。」 程度に受けとめていただければと思います。
もしかしたら、これをご覧になっている あなたのイメージとは多少のズレがあるかもしれませんのでご了承願います。

 

※ 下記は姓の見本になりますが、名が3文字の方も多いですのでバランス見本としてご参考いただければ幸いです。
ここでは実印や銀行印としてお選びいただく事が多い篆書体と新篆書体を例にあげてみました。
雰囲気の違いを比較する意味でもご参考までにどうぞ。

 

 

宇都宮さんの篆書体

宇都宮さんの篆書体です。タテ形の1行で収めるには窮屈だと思い2行印にしました。問題は宇か宮の文字が一文字になりますので、比較的画数が多い宮を縦長にしてバランスをとりました。

 

宇都宮さんの新篆書体

宇都宮さんの新篆書体になります。私の場合、篆書体をベースにして曲線を多用しアレンジしているのがお解りでしょうか? 

 

 

 

小早川さんの篆書体

小早川さんの篆書体です。タテ形の1行印に収めたのは小と川の文字が画数がすくないので早の文字を気持ち縦長してバランスをとってみました。

 

 

小早川さんの新篆書体

小早川さんの新篆書体です。上記の1行印のまま曲線を多用し川の文字については流れるようなイメージでバランスをとってみました。

 

 

 

 

薬師寺さんの篆書体

薬師寺さん(薬は本字)の篆書体です。画数の多い薬の文字を1行にする事で2行印でバランスをとってみました。

 

 

薬師寺さんの新篆書体

薬師寺さんの新篆書体です。前述のとおり基本となる篆書体の線の強弱と曲線を多用しアレンジしてみました。

 

 

 

佐々木さんの篆書体

佐々木さんの篆書体です。上記の小早川とは逆に々の文字が画数が少ないので平たくし佐と木を縦長にしてバランスをとりました。

 

 

佐々木さんの新篆書体

佐々木さんの新篆書体です。上記と同じ1行印ですが佐と木のスタイルを変化させ、かつ、曲線を多用しバランスをとりました。

 

 

 

朝比奈さんの篆書体

朝比奈さんの篆書体です。この場合2行印が落ち着きますが、一文字にするのは朝・奈のどちらであってもいいかもしれませんね。ちなみに私はこの方が落ち着くと思いました。

 

 

朝比奈さんの新篆書体

朝比奈さんの新篆書体です。基本は篆書体ですが多少の遊び心は新篆書体にあってもいいと思います。

 

 

※ 上記をご覧いただいてお気づきになったかもしれませんが、同じ寸法(直径)でも新篆書体の方がいくぶん大きく目に映ると思います。これについては好みになりますので良い悪いではございません。ただ、一つだけ言わせていただければタテ線とヨコ線が全く同じ太さの丸ゴシック体のような書体を開運印鑑・印相体と謳っている業者が沢山ありますのでご注意くださいませ。

お名前がひらがなの場合

女性の場合、名(ファースト・ネーム)が 「ひらがな」 の方も多いですよね。
ご存じの通り漢字は中国で生まれましたが、平仮名は平安時代に日本で生まれた書体になりますので漢字のような篆書体(てんしょたい)は存在しません。
ここでは、ひらがな特有の柔らかさをより表現するために新篆書体の捺印見本をご覧ください。

※新篆書体を例にあげたのは銀行印、実印にかぎらず女性の方に一番人気があるからです。ただ、バランスついては私の好みも含まれますので参考程度になさって下さいね。

 

 

ちえこさんの新篆書体

「ちえこ」さんです。 ヨコ形1列の3行印でまとめてみました。「こ」の文字の空間を目立たせなくするために柔らかさと遊び心も出しました。

 

 

れいなさんの新篆書体

「れいな」さんです。 画数の少ない「い」の文字を「れ」の行に配置し2行印でまとめてみました。

 

 

りささんの新篆書体

「りさ」さんです。 斜めのバランスと「り」の文字の空間を※連綿させ回避しました。また、始筆を左側に打ち込んだのは「の」の文字に見えないようにするためです。※収筆と始筆をつなげる事です。

 

 

すずよさんの新篆書体

「すずよ」さんです。 「濁点」と全ての文字に「結び」がありますので「結び目」の形と位置を微妙に変化させ柔らかさを保ちつつ「濁点」の打ち方に遊び心を出してみました。

 

 

ゆいさんの新篆書体

「ゆい」さんです。 前述の「りさ」さんの「り」(縦長)と「い」(横長)の違いをご覧いただくためにタテ形1行印でバランスをとってみました。

 

 

みわさんの新篆書体

「みわ」さんです。 この場合、タテ形、ヨコ形のどちらであっても整うと思いますが、タテ線に柔らかさを出すためにヨコ形でバランスをとってみました。

 

 

あんりさんの新篆書体

「あんり」さんです。 ヨコ1列の3行印が落ち着き、かつ、タテ線に変化を出してみました。ここでは 「り」の文字をつなげなかったのは「の」の文字に見間違える事を回避するためです。

 

 

はるみさんの新篆書体

「はるみ」さんです。 全て「結び」がある文字ですので、結ぶ目の形と位置に変化をだしてみました。

 

 

 

※このコーナーでの冒頭でもお伝えした通り「ひらがな」は日本で生まれた柔らかく優しい雰囲気を持った独自の書体です。 実店舗では「私の名前は平仮名なので簡単すぎて好きではないです。」とお客様からお聞きする事もございますが、上記の草案(ラフデッサン)を書かせていただくと「こんな風になるんですね!」と微笑ながら喜んでいただけます。 少しデザインした部分もありますが、平仮名本来の優しく柔らかな素敵な持ち味ある印鑑を持たれてはいかがでしょうか。

漢字と平仮名が含まれる場合

女性の場合、姓が漢字で名が平仮名のお名前を承る事がよくあります。
ここでは彫刻文字が同じでも篆書体と新篆書体の「雰囲気の変化」を参考にしていただければと思います。

 

 

一之瀬さくらさんの篆書体

「一ノ瀬さくら」さん(瀬は常用漢字)の篆書体です。姓3文字・名3文字の例です。「一」と「ノ」(カタカナ)が含まれるので「瀬」の文字を縦長にしてバランスをとりました。「一」のスタイルは字書に存在します。

 

 

一之瀬さくらさんの新篆書体

「一ノ瀬さくら」さん(瀬は常用漢字)の新篆書体です。「さくら」の文字にあわせて「一ノ瀬」の文字に曲線を多用しました。

 

 

 

聖あいさんの篆書体

「聖あい」さんの篆書体です。姓一文字・名2文字の例です。この場合は「聖」の文字を縦長にして名とバランスをとりました。

 

 

 

聖あいさんの新篆書体

「聖あい」さんの新篆書体です。「あい」の文字を変化させてから「聖」の文字を整えました。

 

 

 

八神つむぎさんの篆書体

「八神つむぎ」さんの篆書体です。姓2文字・名3文字の例です。「八」の文字の余白を目立たせなくするため「神」の文字を悠々と収めました。

 

 

八神つむぎさんの新篆書体

「八神つむぎ」さんの新篆書体です。「つむぎ」の文字に姓の文字のリズムをあわせました。「八」のスタイルは字書に存在します。

 

 

※いかがでしたでしょうか・・・・? 文字数によって太さの違いなどもお解りいただけましたでしょうか・・・? どちらの書体であっても好みの問題ですので良い悪いではございません。
少しでも参考になれば幸いです〜

いろいろな書体見本

印鑑に主に用いられる書体は、楷書体(かいしょたい)行書体(ぎょうしょたい)隷書体(れいしょたい)古印体(こいんたい)篆書体(てんしょたい)になります。
前述にご紹介した新篆書体(しんてんしょたい)については篆書体をアレンジした当店独自の書体になります。
既に新篆書体については紹介済ですので、それをのぞいてご案内させていただきます。
私の独断で戦国武将を例にしての捺印見本です。

※ あえて実印むき、銀行印や認印むきとは紹介しませんので 「この文字をこの書体とバランスにしたらこうなります。」 程度にご覧になって下さいね。

 

 

徳川家康さんの篆書体

徳川家康さん(徳は常用漢字使用)の篆書体です。左行の「家」と「康」の横線のリズムに変化をだして「徳」の「心」部分と調和させました。

 

 

徳川さんの隷書体

徳川さんの隷書体です。「徳」の心のハライを「ハタク」といいます。この書体の特徴でもあります。2文字ですので堂々たる感じでバランスをとりました。

 

 

 

利家さんの篆書体

利家さんの篆書体をナナメにバランスをとりました。このHPでは「前田利家」のフルネームでの篆書体と新篆書体を紹介していますので、ここでは名のみにしてみました。※この場合、文字が細いのでワクが太くなります。

 

前田さんの古印体

前田さんの古印体です。前述通りここでは姓のみにしてちょっと気取ってナナメにバランスをとってみました。

 

 

 

毛利輝元さんの楷書体

毛利輝元さんの楷書体です。全体的に左バライが多いので苦労しました。(汗)

 

 

 

毛利さんの行書体

毛利さんの行書体です。勢いを出す感じでバランスをとりました。いかがでしょうか・・・?

 

 

 

上杉景勝さんの古印体

上杉景勝さんの古印体です。「上」の文字のタテ線を中心よりやや左側にし、かつ、変化をだして全体の調和を整えました。

 

 

上杉さんの篆書体

上杉さんの篆書体です。この場合ヨコ形でも問題ありませんが、画数の少ない「上」の文字の空間をうめ、「杉」の文字を悠々と収めました。

 

 

 

宇喜多秀家さんの篆書体

宇喜多秀家さんの篆書体です。この場合、右行の幅を左行より多少広く取り、「喜」の文字を縦長にすることで全体の調和を整えました。

 

 

宇喜多さんの隷書体

宇喜多さんの隷書体です。隷書体や古印体は横広にして形がでる書体ですので1行でまとめてみました。

 

以上、豊臣政権の五大老でした。

 

 

嶋左近さんの篆書体

嶋左近さんの篆書体です。姓1文字・名2文字の例になります。この場合、「嶋」の文字を縦長に収め名の行の幅を少し広くする事でバランスをとりました。

 

 

嶋さんの古印体

嶋さんの古印体です。島左近については「島」の説もありますが、ここでは上記共に「嶋」を用いました。

 

「三成に過ぎたるもの・・・・」で有名な武将にもご協力いただきました。

 

 

※いかがでしたでしょうか・・・? 書体とバランスによって印影(はんこの押し形)の表情や雰囲気は様々です。おそらく、あなたも色々な書体見本をご覧になっているかと思いますが、楷書体、行書体、隷書体、古印体、篆書体は基本中の基本です。私も独自書体を紹介したHPも沢山見かけますが、1級印章彫刻技能士の方がお薦めするのであれば特に問題はないと思います。(基本ができているので)一番大切なのはあなたご自身が納得される書体に巡りあえる事だと思います。

 

ここまでお読みいただきまして ありがとうございました。

当店が自信を持ってお薦めする手彫り印鑑の一覧です

私がこのサイトを立ち上げる際にこだわった事はただ一つです。その印材が彫刻刀で彫れるか、つまり、手で彫れる素材かという事です。当たり前の事に思われるかもしれませんが、ネット通販では石材を 「宝石印鑑」として手彫りと謳っている業者が多いです。(※殆どの石はサンドブラストという吹付のロボットを用います。手では彫れません) 下記に紹介するのは象牙、牛角(オランダ水牛)、黒水牛、柘です。どれも印材としての歴史のある良材ですので安心してご使用いただけます。

実印をお求めの方  お客さまの住民票がある市区町村の役所に印鑑登録した印鑑のことです。

象牙の実印

牛角の実印

黒水牛の実印

柘の実印

象牙の実印

牛角の実印

黒水牛の実印

柘の実印

55,000円から

36,000円から

27,000円から

22,000円から

銀行印をお求めの方  金融機関(銀行・郵便局)に届出する印鑑のことです。

象牙の銀行印

牛角の銀行印

黒水牛の銀行印

柘の銀行印

象牙の銀行印 牛角の銀行印 黒水牛の銀行印 柘の銀行印

28,000円から

23,000円から

16,000円から

13,000円から

認印をお求めの方  回覧印から契約書など日常頻繁に捺印する印鑑のことです。

象牙の認印

牛角の認印

黒水牛の認印

柘の認印

象牙の認印 牛角の認印 黒水牛の認印 柘の認印

28,000円から

23,000円から

16,000円から

13,000円から

その他のセット印鑑

2本セット印鑑  15、12ミリ丸の2本セットです。実印と銀行印としていかがですか?

象牙の2本セット

牛角の2本セット

黒水牛の2本セット

柘の2本セット

象牙の2本セット印鑑

牛角の2本セット印鑑

黒水牛の2本セット印鑑

柘の2本セット印鑑

92,000円

63,000円

45,000円

35,000円

3本セット印鑑  15、12、10.5ミリ丸の3本セットです。全部そろいますよ。

象牙の3本セット

牛角の3本セット

黒水牛の3本セット

柘の3本セット

象牙の3本セット印鑑

牛角の3本セット印鑑

黒水牛の3本セット印鑑

柘の3本セット印鑑

120,000円

86,000円

61,000円

45,000円

大きなサイズ  直径24ミリと21ミリをご用意しました! 大きいサイズのお求めの方は是非どうぞ。

直径24ミリ象牙

直径24ミリ牛角

直径24ミリ黒水牛

直径24ミリ柘

直径24ミリ象牙 直径24ミリ牛角 直径24ミリ黒水牛 直径24ミリ柘

220,000円

150,000円

120,000円

80,000円

直径21ミリ象牙

直径21ミリ牛角

直径21ミリ黒水牛

直径21ミリ柘

直径21ミリ象牙

直径21ミリ牛角

直径21ミリ黒水牛

直径21ミリ柘

180,000円

100,000円

88,000円

55,000円

牛角カラー印鑑  牛角にカラーをコーティングしてあります。女性に人気がありますよ。

イエロー

スカイブルー

プラム

ペールピンク

ルミネ・シュクレ,イエロー

ルミネ・シュクレ,スカイブルー

ルミネ・シュクレ,プラム

ルミネ・シュクレ,ペールピンク

28,000円

28,000円

28,000円

28,000円

ミント

ラベンダー

アイスブルー

アプリコット

ルミネ・シュクレ,ミント

ルミネ・シュクレ,ラベンダー

ルミネ・シュクレ,アイスブルー

ルミネ・シュクレ,アプリコット

28,000円

28,000円

28,000円

28,000円

風水印鑑  柘材に風水カラーをコーティング。運気が上がりますように〜!!

12ミリ丸

12ミリ丸

12ミリ丸

13.5ミリ丸

風水印鑑・ゴールデンイエロー

風水印鑑・ピンク

風水印鑑・ラベンダー

風水印鑑・ピンク

15,000円

15,000円

15,000円

18,000円

10.5ミリ丸

10.5ミリ丸

   

風水印鑑・ゴールデンイエロー

風水印鑑・ラベンダー

   

13,000円

13,000円

   

パールカラー印鑑  柘材にカラーコーティングしてあります。女性に人気がありますよ。

レッド

ピンク

アイボリー

グリーン

パールカラー・レッド

パールカラー・ピンク

パールカラー・アイボリー

パールカラー・グリーン

15,000円

15,000円

15,000円

15,000円

ブルー

オレンジ

シルバー

ゴールド

パールカラー・ブルー

パールカラー・オレンジ

パールカラー・シルバー

パールカラー・ゴールド

15,000円

15,000円

15,000円

15,000円

パープル

ブラウン

   

パールカラー・パープル

パールカラー・ブラウン

   

15,000円

15,000円

   
【はんこの彫り直しも承っています】

関連ページ

手彫り実印
象牙の直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
象牙の実印 (直径15ミリ)
直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
象牙の実印 (直径16.5ミリ)
直径16.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
象牙の実印 (直径18ミリ)
直径18ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
象牙の実印 (直径21ミリ)
直径21ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
象牙の実印 (直径24ミリ)
直径24ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の実印 (直径13.5ミリ)
直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の実印 (直径15ミリ)
直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の実印 (直径16.5ミリ)
直径16.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の実印 (直径18ミリ)
直径18ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の実印 (直径21ミリ)
直径21ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の実印 (直径24ミリ)
直径24ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の実印 (直径13.5ミリ)
直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の実印 (直径15ミリ)
直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の実印 (直径16.5ミリ)
直径16.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の実印 (直径18ミリ)
直径18ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の実印 (直径21ミリ)
直径21ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の実印 (直径24ミリ)
直径24ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の実印 (直径13.5ミリ)
直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の実印 (直径15ミリ)
直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の実印 (直径16.5ミリ)
直径16.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の実印 (直径18ミリ)
直径18ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の実印 (直径21ミリ)
直径21ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の実印 (直径24ミリ)
直径24ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
手彫り銀行印
直径10.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
象牙の銀行印 (直径12ミリ)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
象牙の銀行印 (直径13.5ミリ)
直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
象牙の銀行印 (直径15ミリ)
直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の銀行印 (直径10.5ミリ)
直径10.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の銀行印 (直径12ミリ)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の銀行印 (直径13.5ミリ)
直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の銀行印 (直径15ミリ)
直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の銀行印 (直径10.5ミリ)
直径10.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の銀行印 (直径12ミリ)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の銀行印 (直径13.5ミリ)
直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の銀行印 (直径15ミリ)
直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の銀行印 (直径10.5ミリ)
直径10.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の銀行印 (直径12ミリ)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の銀行印 (直径13.5ミリ)
直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の銀行印 (直径15ミリ)
直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
手彫り認印
直径10.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
象牙の認印 (直径12ミリ)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
象牙の認印 (直径13.5ミリ)
直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
象牙の認印 (直径15ミリ)
直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の認印(直径10.5ミリ)
直径10.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の認印(直径12ミリ)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の認印(直径13.5ミリ)
直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
牛角の認印 (直径15ミリ)
直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の認印 (直径10.5ミリ)
直径10.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の認印 (直径12ミリ)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の認印 (直径13.5ミリ)
直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
黒水牛の認印 (直径15ミリ)
直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の認印(直径10.5ミリ)
直径10.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の認印 (直径12ミリ)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の認印 (直径13.5ミリ)
直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
柘の認印 (直径15ミリ)
直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
セット手彫り印鑑
象牙手彫り2本セット印鑑です。
牛角の2本セット印鑑
牛角手彫り2本セット印鑑です。
黒水牛の2本セット印鑑
黒水牛手彫り2本セット印鑑です。
柘の2本セット印鑑
柘手彫り2本セット印鑑です。
象牙の3本セット印鑑
象牙手彫り3本セット印鑑です。
牛角の3本セット印鑑
牛角手彫り3本セット印鑑です。
黒水牛の3本セット印鑑
黒水牛手彫り3本セット印鑑です。
柘の3本セット印鑑
柘手彫り3本セット印鑑です。
カラー手彫り印鑑
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
ルミネ・シュクレ(スカイブルー)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
ルミネ・シュクレ(プラム)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
ルミネ・シュクレ(ペールピンク)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
ルミネ・シュクレ(ミント)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
ルミネ・シュクレ(ラベンダー)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
ルミネ・シュクレ(アイスブルー)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
ルミネ・シュクレ(アプリコット)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
風水手印鑑(直径10.5ミリ・イエロー)
直径10.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
風水印鑑(直径10.5ミリ・ラベンダー)
直径10.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
風水印鑑(直径12ミリ・イエロー)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
風水印鑑(直径12ミリ・ピンク)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
風水印鑑(直径12ミリ・ラベンダー)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
風水印鑑(直径13.5ミリ・ピンク)
直径13.5ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
パールカラー印鑑(レッド)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
パールカラー印鑑(ピンク)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
パールカラー印鑑(アイボリー)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
パールカラー印鑑(グリーン)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
パールカラー印鑑(ブルー)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
パールカラー印鑑(オレンジ)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
パールカラー印鑑(シルバー)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
パールカラー印鑑(ゴールド)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
パールカラー印鑑(パープル)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
パールカラー印鑑(ブラウン)
直径12ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
安心してお買い求めできます
はじめて当店のHPをご覧になる方へのご案内です。
はんこのお手入れと掃除
ハンコの掃除や普段のお手入れについてのご案内です。
良いはんこ購入のコツ
ご納得いただいて印鑑をご購入できるご案内です。
お支払い方法
決済方法についてのご案内です。
特定商品取引表示
ご購入前に今一度、ご確認お願いいたします。
個人情報の取り扱い
お客様からお預かりする情報についてのご案内です。
印鑑彫刻者
石川県金沢市のはんこ彫刻1級技能士があなたの大切な実印、銀行印、認印を完全手彫り印鑑として真心こめて彫らせていただきます。
当店のご案内
実店舗の所在地や連絡先をご案内させていただきます。
完全手彫り作業工程書
当店独自の完全手彫り印鑑作業工程書のご説明です。
お客様のご感想です。 
お客様かいただいた貴重なご意見やご感想です。
第25回 全国技能グランプリ(平成21年)
手彫り印鑑の全国大会の紹介です。
第24回 全国技能グランプリ(平成19年)
手彫り印鑑の全国大会の紹介です。
第23回 全国技能グランプリ(平成17年)
手彫り印鑑の全国大会の紹介です。
はんこができるまで
ハンコが完成するまでの作業工程のご説明です。
手彫り印鑑とロボット印鑑のちがい
プロと無資格者のハンコの違いです。
手彫り印鑑の作品
競技会での手彫り印鑑の作品です。
高級象牙印鑑(直径15ミリ・キャップ付)
サヤ付高級象印手彫り印鑑直径15ミリ丸×長さ60ミリの紹介です。
実印(個人用)について
実印の用途についてのご案内です。
銀行印(個人用)について
銀行印の用途についてのご案内です。
認印(個人用)について
認印の用途についてのご案内です。
印鑑の彫り直し
印鑑を彫り直すにも印面調整という重要な作業があります。彫刻面が平らになるまでを手順をおってご紹介させていただきます。
よくある質問
印鑑についてよくいただくご質問をまとめてみましたのでご参考になれば幸いです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
印鑑彫刻者の紹介 はじめてのお客様へ お支払い方法 当店のご案内 お問合せ